読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太陽のパスタ、豆のスープ。

結婚式がもうすぐって時に婚約破棄させられた明日羽。

 

新生活のわくわく。

新婚旅行の計画。

 

そんなもの全て壊され、涙は止まらず世界が終わるほど絶望的、、

 

結婚資金として貯めていたお金だけが残る。

 

 

そんなとき叔母のロッカさんがリストを書くように(半ば強引に)勧める。

 

リストとはドリフターズ・リスト。

 

やりたい事を書く。

そして実行する。

 

 

今は何のやる気もない明日羽だけど、なんだかリストが指標になり、

リストがお守りのようになってくる。

 

少しずつ動きだし、前に進んでいく。。

 

 

ーーー『太陽のパスタ、豆のスープ』宮下奈緒ーーー

 

 

初めての宮下奈緒作品。

 

完全にジャケ買いだったけどよかった。

 

だんだんと動きだす明日羽を応援したくなったし、

まわりの人たちも素敵。

 

特に自由なロッカさん。

 

鬱陶しいときもあるけど、明日羽にとってロッカさんがいてくれて

本当によかったな。

 

あと自分にも兄がいるので、さりげない兄の存在もいいな。

 

 

『毎日のごはんがあなたを助ける』

 

『「毎日」がいちばん偉い』

 

 

すごく嬉しかったというか、、

共感した。

 

 

結婚して家を出て、お母さんは本当にすごいなと思ったもんな。

 

朝起きて洗濯して、お弁当作って、仕事行って、

帰ったら夜ごはん作って、片付けて、、

 

お母さんが毎日当たり前にやっていた事だから、

私もできないと!と頑張ったけど、大変な事だと痛感した。

 

慣れるまで必死だったし、慣れた今でもしんどい日も、サボる日もある。

 

やっぱり毎日は偉いんだ!!

 

相方のためにちゃんと美味しいごはん用意してあげたいしね。

 

もちろん無理はせずに息抜きもしつつ、

私も毎日大切に生きていこうと思える素敵な小説だった。

 

 

太陽のパスタ、豆のスープ (集英社文庫)

太陽のパスタ、豆のスープ (集英社文庫)