読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本屋さんのダイアナ。

ダイアナと彩子。

小学生のとき、本がきっかけで親友になったふたり。


ダイアナって実はしっかり日本人。漢字は大穴。

名前のせいでからかわれ、いつもひとりで図書館にいる。

髪を染め、流行りのキャラのTシャツを着た、痩せっぽちだけどキレイな女の子。

母は16歳でダイアナを産み、父はおらず、ひとりでキャバクラで働き、料理もほとんどしない。


彩子は少し歳をとった両親に育てられたお嬢様。

立派なおうちには本がたくさん。

お料理教室をしている母、編集者だった父に育てられた、しっかり者。

地味だけど仕立てのいい服を着ていて、キレイな黒髪の美しい女の子。



対照的なふたりがお互いに憧れ、仲良くなって、いつも一緒。


しかし、あるときを境に全く会わなくなる。


そのまま別々の場所で成長していくふたり。。



ーーー『本屋さんのダイアナ』柚木麻子ーーー



ずっと一緒だっただけに、急に会わなくなってしまったときは哀しかったな。

早く連絡しなよ!って、おせっかいおばちゃんになってしまいそうになるわ。


小学生から大人になるまでを丁寧に描いてるから、ふたりを見守るような気分で読んでいけた。



育った環境で居場所がちがってしまうのは哀しいな。

小学生の頃のように素直にお互いを憧れたままいれたらいいのに。

どうしても比べてしまうよなー。



途中から、ダイアナの母の過去や、父のこと、いろんな謎が気になってどんどん読み進んだ!

ちょっとがっかりなとこもあったけど、そこが絵に描いたような物語じゃなくてよかったのかも。


さらに続編も読みたいな。

スピンオフでティアラ目線のもいいな。



ひとりひとり違う人生。

上を見たらキリがない。

自分の人生も大切に、小さな幸せ感じれたらそれでいいよね。



本屋さんのダイアナ (新潮文庫)

本屋さんのダイアナ (新潮文庫)