読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本屋さんのダイアナ。

ダイアナと彩子。

小学生のとき、本がきっかけで親友になったふたり。


ダイアナって実はしっかり日本人。漢字は大穴。

名前のせいでからかわれ、いつもひとりで図書館にいる。

髪を染め、流行りのキャラのTシャツを着た、痩せっぽちだけどキレイな女の子。

母は16歳でダイアナを産み、父はおらず、ひとりでキャバクラで働き、料理もほとんどしない。


彩子は少し歳をとった両親に育てられたお嬢様。

立派なおうちには本がたくさん。

お料理教室をしている母、編集者だった父に育てられた、しっかり者。

地味だけど仕立てのいい服を着ていて、キレイな黒髪の美しい女の子。



対照的なふたりがお互いに憧れ、仲良くなって、いつも一緒。


しかし、あるときを境に全く会わなくなる。


そのまま別々の場所で成長していくふたり。。



ーーー『本屋さんのダイアナ』柚木麻子ーーー



ずっと一緒だっただけに、急に会わなくなってしまったときは哀しかったな。

早く連絡しなよ!って、おせっかいおばちゃんになってしまいそうになるわ。


小学生から大人になるまでを丁寧に描いてるから、ふたりを見守るような気分で読んでいけた。



育った環境で居場所がちがってしまうのは哀しいな。

小学生の頃のように素直にお互いを憧れたままいれたらいいのに。

どうしても比べてしまうよなー。



途中から、ダイアナの母の過去や、父のこと、いろんな謎が気になってどんどん読み進んだ!

ちょっとがっかりなとこもあったけど、そこが絵に描いたような物語じゃなくてよかったのかも。


さらに続編も読みたいな。

スピンオフでティアラ目線のもいいな。



ひとりひとり違う人生。

上を見たらキリがない。

自分の人生も大切に、小さな幸せ感じれたらそれでいいよね。



本屋さんのダイアナ (新潮文庫)

本屋さんのダイアナ (新潮文庫)



太陽のパスタ、豆のスープ。

結婚式がもうすぐって時に婚約破棄させられた明日羽。

 

新生活のわくわく。

新婚旅行の計画。

 

そんなもの全て壊され、涙は止まらず世界が終わるほど絶望的、、

 

結婚資金として貯めていたお金だけが残る。

 

 

そんなとき叔母のロッカさんがリストを書くように(半ば強引に)勧める。

 

リストとはドリフターズ・リスト。

 

やりたい事を書く。

そして実行する。

 

 

今は何のやる気もない明日羽だけど、なんだかリストが指標になり、

リストがお守りのようになってくる。

 

少しずつ動きだし、前に進んでいく。。

 

 

ーーー『太陽のパスタ、豆のスープ』宮下奈緒ーーー

 

 

初めての宮下奈緒作品。

 

完全にジャケ買いだったけどよかった。

 

だんだんと動きだす明日羽を応援したくなったし、

まわりの人たちも素敵。

 

特に自由なロッカさん。

 

鬱陶しいときもあるけど、明日羽にとってロッカさんがいてくれて

本当によかったな。

 

あと自分にも兄がいるので、さりげない兄の存在もいいな。

 

 

『毎日のごはんがあなたを助ける』

 

『「毎日」がいちばん偉い』

 

 

すごく嬉しかったというか、、

共感した。

 

 

結婚して家を出て、お母さんは本当にすごいなと思ったもんな。

 

朝起きて洗濯して、お弁当作って、仕事行って、

帰ったら夜ごはん作って、片付けて、、

 

お母さんが毎日当たり前にやっていた事だから、

私もできないと!と頑張ったけど、大変な事だと痛感した。

 

慣れるまで必死だったし、慣れた今でもしんどい日も、サボる日もある。

 

やっぱり毎日は偉いんだ!!

 

相方のためにちゃんと美味しいごはん用意してあげたいしね。

 

もちろん無理はせずに息抜きもしつつ、

私も毎日大切に生きていこうと思える素敵な小説だった。

 

 

太陽のパスタ、豆のスープ (集英社文庫)

太陽のパスタ、豆のスープ (集英社文庫)

 

 

時間の使い方。

日常

あっという間に1日が終わる。


金曜ロードショーの予告見て、もう1週間経ったの?!ってなる。


てゆうか年賀状?もう年末??!!



、、な状態。



なんか時間の使い方が下手な気がする。


ごはん作るのも段取り悪かったり、

ちょっと服片付けたいだけなのに、すごい時間悩んでたり。


あれこれやる事、やりたい事リスト(エアコンのフィルター掃除とかそんなレベル)があるのに、全然片付かない、、


まず頭の中を整理するためにリストを作ろう!と思って、

それにめっちゃ時間かかってるし。


そして自己嫌悪からの現実逃避。



仕事に遊びにキラキラ充実してる人はどうやって過ごしてるのかしら。


家がゴミ屋敷なわけでもないだろうし。


誰か教えてー!



でもこんなんじゃうだうだ言いながら一生が終わってしまう、、!!


と奮い立たせ、今日はいいお天気だったから朝から夏物の布団を洗濯。

その間に全然してなかった窓拭き。


ああ!めっちゃ達成感!!

私エライ!!!


そう自分を褒めながら頑張っていこ。


今もコーヒー飲みながら明日の夜ごはんの仕込みをしている私ホンマ神やわ。(どこまで褒めたら気が済むかな)



はじめてみた。

ブログを始めようかな、とふと思った。



料理が得意でもない、


おしゃれで買い物しまくってるわけでもない、


何かに精通してるわけでもない。



ホント普通の生活だけど。



結婚して相方とふたり暮らし。


ふたりとも働いていて、休みも合わさないとバラバラな事がほとんど。


家が好きなふたりだから、映画をレンタルして夜にまったり観たり。


たまに休みを合わせて出かけたり、旅行に行ったり。


何より毎日くだらないことして笑ってるのが楽しかったり。




幸せだなぁーと思うときもあるんだけど、


SNSで学生時代の知人の今の様子を見ると、

焦ったりなんとも言えない気分になって、

プチ鬱になるときもあるある。

 


子どもに恵まれて幸せそうな家庭をもっていたり、


なんかセレブっぽい生活していたり、


自由に遊びまわっていたり。




みんな人それぞれの生活だし、


全部手に入れることもできないし、


それが幸せだとも限らない。



結局ないものねだりだよな。


よく言うよね、隣の客はよく柿食う客だ、みたいな(ちがう)


そんな複雑な30代。



20代のときよりも、


きっといろんな事を思いながら、浮き沈みしながら生きていくんだろうな。



と、小さなソファで相方と変な格好で必死に自分の場所を確保しながらそれぞれiPhoneをいじってる。


いつもの光景。


相方がまたおならした。くさっ




今日も平和だなー。